聖霊中学・高等学校
入学案内
トップページ > 入学案内 > 聖霊中学校 アドミッション・ポリシー (本校が求める児童像)

聖霊中学校 アドミッション・ポリシー (本校が求める児童像)

 本校は、美しい自然環境に恵まれた瀬戸市の丘陵地に立地し、三位一体の神の愛である「聖霊」によって結ばれた共同体として、その名をいただいたキリスト教のミッションスクールです。創立以来、『光の子として生活しなさい』をモットーとして掲げ、「一人ひとりが神から与えられた、かけがえのない存在である」という確信のもとに、すべての人々が、神に期待される人間として、自分と人とを大切にし、人々のために尽くしながら、人々と共に生きることのできる人へと成長し、社会と家庭における自己の使命と役割に目覚めるように力を尽くします。

 

 聖霊中学校は、こうした創立以来の学校の理念、目標を実現する手段として、2016年度に、本校が求める児童像(アドミッション・ポリシー)を掲げ、小学校での充実した生活経験と本校入学後の成長の可能性をあわせもつ児童を積極的に受け入れます。

 

<本校入学前の生活について>


 公立・私立小学校もしくは海外日本人学校などで義務教育の正課を修了する見込みで、仲間とともに年齢にふさわしい生活を送り、心身ともに健康であり、集団に寄与した児童。


(1) 在学する小学校の教育目標・校訓や所属する学級の目標を理解し、充実した学校生活を過ごすことができた児童。

 

(2) 児童会・委員会・係などの課外活動を積極的に行い、まわりの仲間や下級生との関わりのなかで、他から信頼を得ることのできた児童。

 

(3) 学校外の活動、地域の活動に継続して取り組み、その活動によって成長できた児童。

 

<本校入学後の生活について>

 

 聖霊中学・高校での生活を具体的に思い描き、聖霊での6年間で仲間と協力しながら充実した学校生活をする意志のある児童。

 

(1) 本校がカトリックの女子ミッション・スクールであることを理解し、自分自身もまわりの仲間も大切な存在であることを認め、キリストの教えにもとづいて行動できる児童。

 

(2) 仲間と共に学び励むことが自分を成長させることであると自覚し、学習を日々続けることのできる児童。

  

(3) 学習以外の諸活動においても熱心に取り組み、困難にも立ち向かいながら、充実した学校生活を送ることのできる児童。

 

 VAP選考入試とは、本校が掲げるアドミッション・ポリシー(求める児童像)に合致、もしくは今後合致するであろうことが予見できる人物を対象とした新たな入試形態です。 本校を第一志望としている人で、本校に入学してぜひがんばりたいという強い意志のある児童に出願していただき、その適性に重点を置いて選考する入試です。