聖霊中学・高等学校
学校案内
トップページ > 学校案内 > 教育課程

教育課程

 中学では、生徒一人ひとり丁寧に学習指導を進め、特に基礎学力を確実に身につけさせます。
 中学での基礎・基本から一部高校内容まで進められた学習を引き継ぎ、高校では生徒一人ひとりの多様な能力や適性に応じた、発展的な学習の段階へと進みます。

 

聖霊中学校 教育課程

 

 中学段階では、学習へ向かうための学習環境として、生徒どうしの安定した人間関係を重視しています。そのために、総合的な学習の時間等を利用して、コミュニケーションの取り方や、集団での問題解決の方法習得など、実践的な指導を進め、仲間と共に学び、共に成長を実感できる学びの場を目指しています。
 国語・数学・英語などで、学習指導要領の標準授業時数を越えての時間配当となっています。
 中学3年生では、卒業論文に取り組ませます。中・高全教員が中学3年生全員を分担して受け持ち、マンツーマン指導で論文指導を継続します。
 中学の教育課程は次の通りです。ただし各教科の数字は週単位の授業時間数を示しています。数字の無いものは1を意味しています)

chugakukatei.jpg

聖霊高等学校 教育課程

 

聖霊高校の教育課程の特徴は、

 

① 英語・数学での少人数到達度別編成による授業
② 6つの選択講座群による文系理数系にとどまらない多様な履修科目
③ 特進クラスや文理コース制を設けない全生徒共通の教育課程
  等の点があげられます。


 文系、理数系、芸術系などの系統的な科目履修は勿論、大学入試センター試験に向けての学力養成をおこなう講座、大学講義レベルの授業を展開する講座など、多様な科目を配置し、少人数でも極力開講することで、生徒一人ひとりの多様な将来設計をサポートします。
 聖霊高校2014年度入学生の教育課程は次のとおりです。各科目の数字は単位数を示しています。数字のないものは1単位を意味しています。

 

koukoukatei.jpg

 

選択講座は、それぞれ次のような科目が予定されています。

 

【選択A1及び選択A2】(全て2単位)
 世界史B、数学B、数学ⅡB演習、数学Ⅲ、家庭生活、時事英語、日本語総論、
 音楽Ⅱ・Ⅲ、美術Ⅰ・Ⅱ

 

【選択B1及び選択B2】
  古典講読(2)、日本史A(2)、日本史B(4/7)、生物(4/5)、化学(4/5)、物理(5)、
 理科基礎演習(2)

 

【選択C】(全て2単位)
  日本語総論、国語演習、日本史演習、数学B、化学演習、声楽、書道Ⅰ、食物、

 

【選択D】(全て2単位)
  国語演習、古典演習、政経演習、数学演習、物理演習、生物演習、ライティング、
 英語演習、ソルフェージュ、 保育、被服、
※選択C・D共通履修科目(4単位):数学Ⅲ、デッサン専科、