聖霊中学・高等学校
校長先生からのメッセージ

2018年度 3学期始業式

2019.1.8                                    

聖書朗読 民数記62426

「主があなたを祝福し、あなたを守られるように。あなたに恵みを与えられるように。主が御顔をあなたに向けてあなたに平和を賜るように。」



 聖霊中学・高校の皆さん、新年おめでとうございます。今年もよろしくお願いします。冬休み中は、家族や友人と楽しい時間を過ごすことができたかと思います。今日3学期の始まりに皆さんの元気な顔が見られるのは何よりです。

 2019年(英語でtwo thousand nineteen)は奇数ですから、英語では響きがあまりよくありません。それに、東京オリンピックが行われる2020年と比べると、2019年はちょっと物足りないと思われるかもしれません。

 でも、大きなこともたくさんあります。まず何より、聖霊中学・高等学校は創立70周年を迎えます。(聖霊は1949年に誰によって創立されましたか。そうです。Sr.ピアですね。)そして、5月には新しい天皇が即位されます。平成が終わります。また、秋にラグビーワールドカップが日本で開催されます。豊田市も一つの会場になります。それに、G20首脳サミットが大阪で6月に開催されます。その外務大臣の会合は名古屋で11月に開催されます。そして、消費税が10月に8%から10%に上げられる予定です。

 先ほど言ったように東京オリンピックが2020年に開催されることから、今年はそのための準備をする大事な年にもなります。また、この聖霊中高では2020年が新しい校舎に移転する年になりますから、今年はそのための準備の年にもなります。

 よく考えれば、人間にとって、毎年毎年が準備の年になります。完璧で完全な人間はいませんから、私たちはいつでも成長している最中です。もっといい人になるために、いつでも準備しているともいえるのです。


 先週、聖霊高校の同窓会の主催で、今年成人になる卒業生のために「二十歳の会」が行われました。2年前に卒業した
200人ぐらいの聖霊生は振りそでやチマチョゴリの姿でとても美しかったです。外面だけでなく、内面的にもその学年がよく成長したなと私やその学年を担当した先生たちは話していました。今、中学を担当している一人の先生が「今の中学生も、後56年たったとき、同じように成長しているでしょうか。」と言ったので、「きっと成長する。成長するに違いありません。」と私は答えました。


 今年
2019年はオリンピックや新校舎の準備の年だけではありません。今年は皆さんのこれからの長い人生の準備の年にもなります。もっと立派な人、もっと輝く「光の子」になるために、今年、少しずつ、着々と、ステップ バイ ステップでいろいろな体験をしたり、いろいろ学んだりしてください。


 ところで、ふっと思いましたが、今年はイノシシの年ですね。イノシシがたくさんいるこの聖霊キャンパスにとっては、きっと縁起のいい年になるに違いありません。


 では、皆さん、今年が明るい年、充実した年になるようにお祈りしています。